2011年12月23日金曜日

最後の最後まで勝利に喰らいつく

横浜F・マリノスの小椋祥平のコメントです。




最後の最後まで勝利に喰らいつく

天皇杯、横浜F・マリノスが優勝するためには、この男のチカラが必要。

2011年12月10日土曜日

横浜F・マリノスと松本山雅

共に故松田直樹の霊が宿る両チーム。

来週は、この両チームが天皇杯でぶつかる。

横浜F・マリノスは恥ずかしくない試合をしなければ。

当然、勝利をおさめるべき。


2011年11月23日水曜日

功治横浜愛をありがとう

そろそろ1年になる。


「功治横浜愛をありがとう」

今、川崎フロンターレの選手になった山瀬功治選手。

あの1年前の思いは今も忘れてはいない。

そして、この週末には、横浜F・マリノスのアウェイ等々力で山瀬功治選手とまた対戦することに。

横浜F・マリノスの選手と山瀬功治選手、共に観客をわかせるプレーを見せてくれると信じている。

トリコロールの血が流れている者同士。

2011年10月9日日曜日

ナビスコカップをやっていたらしい

もう横浜F・マリノスが負けちゃったから、興味が無いので忘れていた。
インターネット応援小僧: ナビスコカップ、まずは鹿島アントラーズが決勝へ
横浜F・マリノスに勝った鹿島アントラーズが勝ち抜けたようだ。
ガンバ大阪と浦和レッズもやっているようだ。
どっちが勝ってもあまり面白くない。
横浜F・マリノスの選手達は、見ているんだろうか。
そんなことより、天皇杯カマタマーレ讃岐戦とリーグ戦サンフレッチェ広島戦に集中し負ければ。

2011年9月25日日曜日

まだまだ、Jリーグはわからない

Jリーグは、大混戦。
ヴァンフォーレ甲府、大宮アルディージャ、アビスパ福岡が勝利。
まだまだ、上位陣も油断できない。
横浜F・マリノスの優勝の可能性も残されたと思う。
しかし、安心してはダメだ。

名古屋3-1神戸
C大阪6-0山形
横浜FM1-3仙台
鹿島0-0浦和
G大阪0-2甲府
川崎F1-1清水
磐田1-0新潟
柏1-3大宮
福岡2-1広島

2011年8月21日日曜日

クロスを上げたのは狩野健太選手ではありません

昨日のJリーグタイムはひどかったです。

横浜F・マリノスの得点の起点となたクロスを上げた選手について、途中から交代で入った狩野健太選手としていました。

昨日は、狩野健太選手は出場していません。

クロスを上げたのは、栗原勇蔵選手です。

背番号は4ではなく、14と見えたのでしょうか。

NHKは、受信料問題でいろいろと言われていますが、しっかりとした番組を作って欲しいです。

最近のJリーグタイムは、作りが雑です。

天皇杯中継は、しっかり頼みます。

2011年7月18日月曜日

トリコロール、ついに首位に

大宮アルディージャに吸っ基地と勝利していれば・・・

ガンバ大阪が隠れ首位とかと言われることもなかったのですが。

でも、そこが横浜F・マリノスらしさとも言えるかな。

横浜F・マリノスはとうとう首位になりました。

柏レイソルと勝ち点では同じだけどね。

得失点差で横浜F・マリノスが上。

2011年6月26日日曜日

横浜F・マリノス2位へ

今日のモンテディオ山形戦で勝利を収めれば、横浜F・マリノスは2位へ浮上する可能性があります。

アウェイですが、しっかり応援したいと思います。

5連戦の最後の試合となりますが、勝ち点3で疲れも吹き飛ばしましょう。


p.s.
2位となるためにはベガルタ仙台の状況にもよるので、気になりますね。

投票ボタン

Best Links blogram投票ボタン

Google+

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加

人気の投稿